りらいあコミュニケーションズ株式会社

Font size

IR情報

PRINT

中期経営計画

事業戦略2020

⾼付加価値サービスの提供による新たな顧客体験価値(CX)の創造

りらいあグループは、当社を取り巻く環境変化に対応すべく2018年11月に2021年3月期までの中期計画「事業戦略2020」を策定いたしました。
創業以来培ってきた高品質なオペレーション力をベースとして、「高付加価値サービスの提供による新たな顧客体験価値(CX)の創造」をテーマに、「デジタルシフト」「企画提案力の強化」「海外事業の推進」「人財強化・総合力の発揮」の4つのイノベーションを起こし、新たな顧客体験価値(CX)の創造に取り組んでまいります。
CXの創造により、お客様企業と消費者のエンゲージメント向上に貢献することで、当社グループの企業価値向上に努めてまいります。

計画策定の背景

当社グループを取り巻く環境は複雑化、不確実性が高まっています。具体的には、お客様企業・消費者ニーズの潜在化や社会の急速なデジタル化の進展、社会イベント需要の複雑・複合化に加え、それに対応する人材労働市場は逼迫の度合いを強めています。また、海外市場においても同様に、多様性、複雑性の更なる高まりがみられます。こうした環境に対応する新たな中期計画「事業戦略 2020」を策定したものです。

4つのイノベーション(実行施策)

下記に掲げる4つのイノベーションを起こすことで、更なる企業価値向上を目指してまいります。

4つのイノベーション

ストラクチャー

ストラクチャー図

定量⽬標

計画期間を通じ更なる収益性の改善を進め、2021年3月期にのれん償却前営業利益率8%を目指します。

2015年
3⽉期
実績
2021年
3⽉期
達成
イメージ
売上⾼ 742億 1,160億
営業利益 37億 76億
のれん償却前営業利益 37億 93億
のれん償却前営業利益率 5.0% 8.0%
ROE 5.8% 8.0%以上

定量⽬標達成に向けた重点取り組み

定性計画で掲げたイノベーションにより収益構造を変⾰し、基礎収益源となる既存事業の採算向上を図ります

4つのイノベーションによる収益構造の変革 ポートフォリオ見直しも含めた採算管理の徹底 採用・育成強化、離職率抑制による、生産性の向上